事故に遭ったらまず何をすべきか

交通事故にあってしまったら警察を呼んで、その事故現場の確認と双方から事故に至った状況を聴取します。 そこで一方が悪いことが明確で本人も認めているのであれば問題ありませんが、双方の言い分に食い違いがあって、簡単に解決しそうにないときには、お互いに話し合いになります。 話し合いでも解決しない場合には裁判になり採決してもらうことになります。 交通事故の弁護士は、事故が発生して警察を呼ぶと同時に、自動車の任意保険会社にも連絡をしますが、保険の契約内容によっては保険会社から弁護士を手当してもらうことができます。 紹介された弁護士は交通事故の専門である場合が多くて頼りになります。 もし弁護士の紹介を契約していない場合には、自分で探すことになりますが、各弁護士会で弁護士の紹介のホームページがある場合には、そこに得意な分野等が掲載されていることもあり、そこから交通事故が得意な弁護士に連絡して対応してもらいます。しかしそのようなことを想定すると専門の保険会社で紹介してもらった弁護士の方が頼りになったり、勝手がわかっている場合も多く便利です。

交通事故が得意な弁護士とは何か

交通事故は突然発生するものであり、その対処に関わる仕事でもしていない限り、そうそう日常生活の中で縁がありません。ですからほとんどの一般市民にとっては、どうしていいのかオロオロしてしまうばかりです。 しかし相手に過失がある、あるいは多い場合、先方は保険会社を前面に出して対応してくるでしょう。当然、少しでも慰謝料や賠償額を減らそうとしてきますので、こちらもまた専門家をたてて窓口にするべきです。得意分野が交通事故の弁護士を探すべきというのは、素人では不当な減額をするはめになるなど、納得できない結果を招きかねないためです。 事故が得意な弁護士ならば、経験から適確な額をわかっていますから、こちらの不足している知識や経験を補ってくれ、保険会社から適正な賠償金を受け取れます。しかし普通の生活をしていて、弁護士に縁がある人は少ないでしょう。ですからできるだけ早い段階で、無料相談に申し込むか、あるいは交通事故を得意としている弁護士事務所にて相談するべきです。相性もあるので納得できなければ別をあたっていいのですから、まずは相談することが重要です。

おすすめ弁護士事務所